にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 ランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています!
最近、いろいろ撮りためた写真の整理を少しずつしています。
学生時代や独身の頃は結構あちこち旅行していて、写真も大量にあるのですが、大部分は撮りっぱなしになっています。

今になって見返してみると、結構懐かしいです。
中には、もう廃止になってしまった鉄道や、無くなってしまった施設などが移っているものもあります。



今回は、廃止になったJR西日本の可部線(可部~三段峡)の写真を引っ張り出してきました。
可部線の可部~三段峡間46.2kmは、2003年の12月1日に廃止になりました。
ちょうど11年前の今日です。

2002年の春に、もう廃止の話が進んでいた頃に乗りに行きました。
広島駅(正確には隣の横川駅)から可部駅までは電化されていて、データイムでも1時間に4本くらい走っている街中の電車ですが、可部から先は2時間に1本くらい、途中の加計から終点三段峡までは1日5本くらいと完全なローカル線でした。



可部線は、もともと私鉄だったせいもあって駅間が短く、駅前が狭い駅が多いです。
この可部駅もこじんまりとした小さな駅舎と駅前広場でした。

ここから、1両のローカル列車に乗って三段峡に向かいます。



可部から北の可部線は、ひたすら太田川沿いを上っていく感じで谷間を走っていきます。
可部線と川を挟んで反対側に集落があるところには古くからの吊り橋がかかっていました。



終点の三段峡は、ローカル線の終点といっても割とモダンな駅舎でした。
それもそのはず、三段峡まで開通したのは1969年と比較的新しい駅でした。
30年ちょっとで廃止になってしまったのは気の毒です。

本来の計画では終着駅になるのではなく、山陰本線の浜田駅まで抜ける予定でした。
結局、夢はかなわず廃止になってしまったわけです。

駅前には、「乗って残そう可部線」の幟が何本も立っていて、駅前のSLには「可部線の存続を」と書かれた横断幕が掲げられていました。
現在では、駅舎もSLもなくなってしまったそうです。

秋には紅葉で観光客がたくさん集まる三段峡ですが、限られた期間だけでは鉄道の集客にはあまりつながらなかったのでしょうね。
訪れた日も雨だったせいもあり、土産物屋さんなどが立ち並ぶ駅前は閑散としていました。

この時は、すぐ折り返しの列車に乗らなければいけなかったので、駅名の由来となった特別名勝「三段峡」を見に行くことはできませんでしたが、いつか三段峡を歩いてみたいものです。





同じカテゴリー(中国地方)の記事画像
大水害で中国山地のローカル線がピンチ!
広島出張帰りの新幹線で名物を味わう!
2015年秋 岡山出張(4) 岡山城に上ってみた!
2015年秋 岡山出張(3) 旭川に面した碧水園でコーヒーを飲みながら岡山城を眺める!
2015年秋 岡山出張(2) 「ももちゃり」で「水辺のももくん像」を見に行く!
2015年秋 岡山出張(1) 路面電車で城下へ!
同じカテゴリー(中国地方)の記事
 大水害で中国山地のローカル線がピンチ! (2018-08-01 01:47)
 広島出張帰りの新幹線で名物を味わう! (2018-06-02 13:36)
 2015年秋 岡山出張(4) 岡山城に上ってみた! (2016-08-18 01:38)
 2015年秋 岡山出張(3) 旭川に面した碧水園でコーヒーを飲みながら岡山城を眺める! (2016-07-25 07:50)
 2015年秋 岡山出張(2) 「ももちゃり」で「水辺のももくん像」を見に行く! (2016-07-17 15:43)
 2015年秋 岡山出張(1) 路面電車で城下へ! (2016-07-15 08:40)
Posted by Science_City at 08:11│Comments(0)中国地方
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
プロフィール
Science_City
Science_City
とにかく旅が大好きです。
学生時代は、バイト代を全部旅行費用につぎ込んでいました。
街をてくてくと歩いて、おいしいものを食べられたら幸せです。
オーナーへメッセージ