にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 ランキング参加中!良かったらクリックをお願いします!

人気ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
霧の摩周湖を堪能(?)したツインクルバス一行は、摩周駅に立ち寄りました。



リゾート地っぽく洒落た感じのかわいらしい駅舎です。
以前は「弟子屈(てしかが)駅」という名前でした。
自治体名は今も「弟子屈町」ですが、観光振興を狙ってか「摩周駅」に改称しました。

でも、その頃には駅が観光の拠点から外れつつあったのが寂しいところですが…。


今も弟子屈町の中心駅であり、広々とした駅前広場があり観光地に向かうバスに乗り換えたりして、栄えた時期があったことをうかがわせます。



駅の構内も結構広く、拠点駅であったことがわかります。



しかし、駅前は見ての通り、がらーんとしています。
唯一停まっている観光バスは、私たちが乗ってきたツインクルバスです。

それでも、駅前通りには建物が建ち並び土産物屋さんもあって、観光地らしさは残っています。

そうそう、ここに立ち寄った目的をまだ書いていませんでした。
駅に立ち寄ったものの、列車に乗り換えるわけではありません。



目的地、ここ!
お食事処「ぽっぽ亭」です。
ここで名物の駅弁をいただきます。
一応駅弁なので駅でも売っているようですが、主力は駅前のこちらのお店のようです。
(もっと言えば、デパートの駅弁大会が主力かな?)



こちらが、名物の「摩周の豚丼」(税抜1000円)です!
先ほどは霧だらけの摩周湖しか見られませんでしたが、弁当のパッケージで晴れた摩周湖に対面できました(涙)。

おいしそうなパッケージですね!



蓋を開けてみると、タレがたっぷりとかかった豚肉が雑穀米の上に載っておいしそうです!
玉子焼きとたくあんと、緑色の山クラゲが添えられています。
基本的に注文販売だそうで、お弁当ですがまだご飯が温かいです。
ご飯にタレがしみているので、ご飯が冷えても美味しく食べられそうですね。

店の中で、わざわざ駅弁を食べるというのも初めての体験ですが、お店の中なので温かい味噌汁がついていたのはありがたかったですね。
濃いめの豚丼とさっぱりした味噌汁の組み合わせがバッチリで、美味しくいただきました。

メニューを見ると、他にもご当地の食材を使ったラーメンなどがあって、試したいメニューがいろいろありました。
鉄道だけでなく、観光バスやマイカー・レンタカーのお客さんで商売が成り立っているお店なのでしょう。



食後の残り時間で、駅前にある足湯「ぽっぽゆ」(←ちゃんと温泉です!)に少しだけ浸かって温泉気分に浸りました。
ここから列車に乗らないのはちょっと残念ですが、ツインクルバスの旅もそろそろ終わりです…。

(その16につづく)



【2012年夏北海道旅行】





同じカテゴリー(北海道)の記事画像
北海道大学近くのスープカレーの名店「ピカンティ」!
新千歳空港でのお気に入りの店「弟子屈ラーメン」!
JR北海道の留萌線留萌~増毛間の廃止に思う!
2012年北海道旅行(20) ついにフィナーレ!
2012年北海道旅行(19) シーソラプチ川でラフティング!
2012年北海道旅行(18) 早起きして雲海テラスでモーニングコーヒー!
同じカテゴリー(北海道)の記事
 北海道大学近くのスープカレーの名店「ピカンティ」! (2018-07-03 01:49)
 新千歳空港でのお気に入りの店「弟子屈ラーメン」! (2017-05-19 00:22)
 JR北海道の留萌線留萌~増毛間の廃止に思う! (2016-12-09 06:17)
 2012年北海道旅行(20) ついにフィナーレ! (2015-12-02 07:51)
 2012年北海道旅行(19) シーソラプチ川でラフティング! (2015-12-01 07:50)
 2012年北海道旅行(18) 早起きして雲海テラスでモーニングコーヒー! (2015-11-28 23:16)
Posted by Science_City at 07:53│Comments(0)北海道
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
プロフィール
Science_City
Science_City
とにかく旅が大好きです。
学生時代は、バイト代を全部旅行費用につぎ込んでいました。
街をてくてくと歩いて、おいしいものを食べられたら幸せです。
オーナーへメッセージ