にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 ランキング参加中!良かったらクリックをお願いします!

人気ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
(16)からの続き

釧路駅で「ノロッコ号」から、特急「スーパーおおぞら」に乗り換えます。



キハ283系という振り子式車両が使われていて、最高速度120km/h(だったと思う)で走ります。


この「スーパーおおぞら12号」で、トマムに向かいます。
ここからトマムまで約2時間ほどです。



海岸線を走ったり、広々とした農地を通り抜けたりして北海道らしい車窓を楽しんでいるうちに、山の中に入ってトンネルを抜けるとトマムに着きました。
特急が停まるものの山間の静かな無人駅で、18時をまわったこの時間にはお客さんも係員も誰もいませんでした。
(今は窓口も閉鎖されて完全な無人駅になったようです。)



ここトマム駅は「星野リゾート・トマム」の最寄駅で、おそらく大部分の利用者が星野リゾートの宿泊客なのではないでしょうか。
我が家も、この日は星野リゾートに泊まります。

そのためか、跨線橋のたもとに星野リゾートの送迎呼び出し用の内線電話(?)があったのがユニークですね。
事前に送迎をお願いしていなかった場合には、この電話で呼び出すのでしょう。

我が家は事前に連絡していたので、跨線橋を渡った先にお迎えが来ていました。



さっそくチェックインして、部屋に入ります。
泊まったのは、「ザ・タワー」の「ファミリーツインルーム」というタイプで、リビングとベッドルームが分かれた形の配置になっています。

現在では、ベッドルームは小上がりになっているようですが、当時は普通のベッドルームでした。



ザ・タワーを下から見上げるとこんな感じ。
最近改装したばかりのようで、外壁に断熱材を施工してこんなポップな北欧風の外観になったようです。



渡り廊下を渡ってフォーレスタ・モールに夕飯を食べに行きます。
外がよく見えるほど暗くて、いい雰囲気です。



明日に備えてサッと食べて帰りたかったので、ラーメンを食べに行きます。
知らずに行きましたが、石狩市の人気ラーメン店「麺や雅」というお店が出しているようですね。

焼味噌ラーメンだったかな?こういうところにあるラーメン屋さんは美味しくない場合も多いですが、
さすが人気店の支店だけあって、なかなか美味しかったです。
期待していなかったので、得した気分でした。
子どもたちも満足。



明朝は早起きをしなければならないので、興奮気味の子どもたちを早々に寝かしつけて、親は晩酌です。

売店で買ってきた、星野リゾートトマム限定商品の「雲海トマムビール」(350円)を飲みます!



「雲海トマムビール」は、よなよなエールを造っている「ヤッホーブルーイング」とのコラボ商品とのことです。
(この缶のデザインだと「トマム雲海ビール」に読めてしまいますが…。)

コクがあって、エールビール好きの私には好みの商品でした!

明日の早起きは、そう雲海を見るためです!
フロントに掲示されていた雲海予報では、あまり期待できない感じでしたが、雲海が見られることを期待してベッドに入りました。

【2012年夏北海道旅行】


((18)につづく)





同じカテゴリー(北海道)の記事画像
北海道大学近くのスープカレーの名店「ピカンティ」!
新千歳空港でのお気に入りの店「弟子屈ラーメン」!
JR北海道の留萌線留萌~増毛間の廃止に思う!
2012年北海道旅行(20) ついにフィナーレ!
2012年北海道旅行(19) シーソラプチ川でラフティング!
2012年北海道旅行(18) 早起きして雲海テラスでモーニングコーヒー!
同じカテゴリー(北海道)の記事
 北海道大学近くのスープカレーの名店「ピカンティ」! (2018-07-03 01:49)
 新千歳空港でのお気に入りの店「弟子屈ラーメン」! (2017-05-19 00:22)
 JR北海道の留萌線留萌~増毛間の廃止に思う! (2016-12-09 06:17)
 2012年北海道旅行(20) ついにフィナーレ! (2015-12-02 07:51)
 2012年北海道旅行(19) シーソラプチ川でラフティング! (2015-12-01 07:50)
 2012年北海道旅行(18) 早起きして雲海テラスでモーニングコーヒー! (2015-11-28 23:16)
Posted by Science_City at 01:37│Comments(0)北海道
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
プロフィール
Science_City
Science_City
とにかく旅が大好きです。
学生時代は、バイト代を全部旅行費用につぎ込んでいました。
街をてくてくと歩いて、おいしいものを食べられたら幸せです。
オーナーへメッセージ