にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 ランキング参加中!良かったらクリックをお願いします!

人気ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
またまた間が開いてしまいましたが、(12)からの続きです。

昼食の後は、石山寺のすぐ近くから出ているクルーズ船「瀬田川リバークルーズ」に乗ることにしました!



この日も天気が良くて、絶好のクルーズ日和でした!


4月から11月くらいまで、土曜・休日とゴールデンウィーク・お盆を中心に1日5便が運航されています。
今回は、13時発の便に乗りました。
料金は、大人1300円、小学生650円で、石山寺の拝観セット券もあります。



石山寺港というと、何やらごつい施設を想像しますが、川の堤防から浮き桟橋が延びているだけの設備です。
ここから、明治時代に運行されていた蒸気船「一番丸」を模したクルーズ船に乗ることができます。
所要時間は約1時間です。



クルーズ船は、瀬田川を遡って琵琶湖に向かいます。

この瀬田の唐橋は、日本三古橋の1つ(残りの2つのうち1つが以前紹介した宇治橋)といわれており、日本書紀にも名が出るという歴史のある橋の下をくぐります。
もっとも今の瀬田の唐橋は、昭和54(1979)年に架けかえられたコンクリートの橋ですが、デザインは木橋時代からのものを踏襲しています。



こちらは、国道1号の瀬田川大橋です。



そして、東海道本線の鉄橋をくぐります。



こちらは膳所城跡です。
本丸跡は城跡公園になっています。
一見天守閣に見える建物は、大津市の膳所支所や公民館が入る「膳所市民センター」です。
お城のように見えるのは屋根だけで、あとは割と普通の建物です。



昨日泊まった大津プリンスホテルが見えてきました。
朝1番の便では、プリンスホテルそばの桟橋から石山港まで行くことができます。
(乗船時間が短いのに同じ値段なので、ちょっともったいない感じが…。貧乏性でしょうか。)



このあたりが折り返し地点で、また石山寺港に戻ります。



「琵琶湖では外来魚のリリースは禁止されているので、釣り人の皆さんは回収いけすに持っていくことになっている」ということをガイドさんが説明した直後に、目の前の釣り船にいた釣り人がリリースしてしまったので、ガイドさんは「あっ!」と呟いたまま硬直してしまいました。
(デッキにもスピーカーがついていて、ガイドさんの声は船外にも聞こえるので…。)

釣り船から離れたところで小声で、「リリースしてしまいましたね…。」と面目無さそうにガイドさんが話したので、悪いのは釣り人の方なのになーと気の毒に思いました。

アウトドア派を名乗りながら、ブラックバスやブルーギルをあちこち放流して生態系を壊すような釣り人はご退場いただきたいところです。



デッキに出ると風が気持ちいいです。
天気も良くて暑くもない最高の天気です。

向こうに近江大橋と大津プリンスホテルが見えます。
近江大橋のあたりは琵琶湖の中ですが、この辺りからまた瀬田川に戻ります。



瀬田川最初の橋は、道路ではなく水道管が通った水管橋です。
アーチのところに鳥がたくさんとまっています。
船の航路の上にはいないので、糞が降ってくる心配は無さそうです。



次にJR東海道線の鉄橋の下をくぐります。
手を伸ばせば届きそうなくらい橋桁が近くに感じるので、みんな手を上げています。
(もちろん本当に触ったら危ないですし、実際は触れるほど近くはありません。)



そして、瀬田川大橋では、橋を歩いている人にクルーズ船のデッキ上から手を振ると、橋の上からも手を振りかえしてくれました。



クルーズ船はかなり橋桁ギリギリくらいのところを通っている気がするのですが、これでも基準の水位より31cm低いという表示が出ていました。
基準水位くらいだと本当に手を伸ばしたら橋桁に触ってしまいそうです。

実際、水位が高くなりすぎるとクルーズ船は運休になってしまうようです。



また、瀬田の唐橋をくぐります。
飽きてきたのか、さすがにもう橋桁のところで手を上げる人はいなくなりました。



東海道新幹線と名神高速の橋をくぐると、あとは石山寺港まで橋はありません。



京阪電車の石山寺駅も見えてきました。

クルーズ船に乗るまで、この瀬田川は琵琶湖に注ぐ川だと思い込んでいましたが、実は琵琶湖から唯一流出する川で、瀬田川が京都府に入ると「宇治川」と名前が変わり、最終的に「淀川」となって大阪湾に注ぎます。

つまり、初日に行った宇治の平等院近くを流れていた川につながるわけです。
頭の中の地図は瀬田川と宇治川がつながっていなかったので、何だか不思議な感じです。



石山寺港への到着前、対岸でアオサギが羽を休めていました。
私たちの到着を出迎えていたかのように飛び去って行きました。

(14完結編)につづく



【2015年秋 関西旅行シリーズ】




同じカテゴリー(関西)の記事画像
2025年に大阪で万博開催が決定!
2017年夏京都旅行(1) 伏見稲荷に行ってきた!
2015年関西旅行(14完結編) 石山寺は紫式部ゆかりの寺!
2015年関西旅行(12) 石山寺門前「洗心寮」で瀬田川を眺めながら昼食!
2015年関西旅行(11) 大津プリンスホテルから琵琶湖を一望する!
姫路モノレールの大将軍駅は公団アパートの中にあった!
同じカテゴリー(関西)の記事
 2025年に大阪で万博開催が決定! (2018-11-27 06:36)
 2017年夏京都旅行(1) 伏見稲荷に行ってきた! (2017-10-08 23:59)
 2015年関西旅行(14完結編) 石山寺は紫式部ゆかりの寺! (2016-06-07 00:44)
 2015年関西旅行(12) 石山寺門前「洗心寮」で瀬田川を眺めながら昼食! (2016-05-07 01:56)
 2015年関西旅行(11) 大津プリンスホテルから琵琶湖を一望する! (2016-03-15 07:37)
 姫路モノレールの大将軍駅は公団アパートの中にあった! (2016-03-08 12:53)
Posted by Science_City at 01:07│Comments(0)関西
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
プロフィール
Science_City
Science_City
とにかく旅が大好きです。
学生時代は、バイト代を全部旅行費用につぎ込んでいました。
街をてくてくと歩いて、おいしいものを食べられたら幸せです。
オーナーへメッセージ