にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 ランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています!
旭川の川岸からは高い建物は岡山城くらいしか見えず、開放的な眺めです。

【2015年秋 岡山出張シリーズ】




これから岡山城や後楽園をブラブラしようと思います!


川岸の近くの石山公園には、コミュニティサイクル「ももちゃり」のサイクルポートがありました。
岡山駅前にもサイクルポートがあって気になっていたのですが、この手のものは申し込みや支払いの手続きが面倒そうだという先入観があったのですが、サイクルポートの説明書きを読むと、割と簡単そうです。



このような路上の端末機で登録する場合は、「ICOCA/Hareca/おサイフケータイ等のFelica対応カード + SMSが受信できる携帯電話」があれば登録可能で、名前と携帯番号と料金プランを入力して仮登録すると、携帯にIDとパスワードが送られてくるので入力し、Suicaなどの交通系ICカードをかざせば登録完了!
その後は料金支払いをSuica、現金、クレジットカードで支払えば、自転車の借りだしは可能になります!

料金プランはいくつかありますが、観光客が使う場合には「1回利用」か、「60分くりかえし利用」のどちらかが良さそうです。
「1回利用」の場合は、60分以内100円で60分を超えると30分ごとに追加料金100円となっています。
「60分くりかえし利用」の場合は、24時間の基本料金200円を払えば、1回の利用が60分以内であれば追加料金無し、1回の利用が60分を超えると30分ごとに100円の追加料金がかかります。

岡山市内には多くのサイクルポートがありますので、「60分くりかえし利用」で観光地と観光地の間を自転車で移動し、最寄りのサイクルポートに毎回返却すれば追加料金がかからずに観光地巡りができます。
私も、「60分くりかえし利用」のプランにしました。



自転車に乗って、月見橋を渡ります。
橋を渡った先は旭川の中州になっていて、ここに後楽園があります。



橋から眺める岡山城は川のそばに天守閣がそびえていて、眺めが良さそうです。
後で行きたいと思います。



旭川沿いにはボートハウスや、カフェ・茶屋が並んでいます。
こちらも後で立ち寄る予定です。



月見橋という優雅な名前とは裏腹に、実物は武骨な感じのゲルバートラス橋です。
個人的にはこういう橋も好きですが、名前から和風な橋を想像する人も多いのではないでしょうか。



せっかく自転車を借りたので、旭川の川べりを自転車で走ります。
国(国土交通省)が水辺の回廊として整備をしたようですね。
地図の赤線のところが整備されていて、私もそこを走り中州の先端まで行ってみます。



中州の先端には、桃を両手で持ち上げた裸の男の子の像がありました。
やっぱり桃を持っているということは、この男の子は「桃太郎」…?



後で調べてみると、岡山市制100周年を記念して1989年に設置された「水辺のももくん像」だそうです。
公園のように整備されていますが、人はほとんどおらず、犬を散歩させている人がたまに立ち寄ったくらいでした。

365日24時間、ここでももくんは人知れず裸で桃を持ち上げ続けているのでしょう。
何ともシュールな感じでした。



心の中で「水辺のももくん像」にツッコミを入れていたら、あれほど晴れていたのに急に曇ってきました。
ももくんが私の心を読んでお怒りになったのでしょうか…。

((3)につづく)





同じカテゴリー(中国地方)の記事画像
大水害で中国山地のローカル線がピンチ!
広島出張帰りの新幹線で名物を味わう!
2015年秋 岡山出張(4) 岡山城に上ってみた!
2015年秋 岡山出張(3) 旭川に面した碧水園でコーヒーを飲みながら岡山城を眺める!
2015年秋 岡山出張(1) 路面電車で城下へ!
鳥取砂丘コナン空港とすなばコーヒーに行ってきた!
同じカテゴリー(中国地方)の記事
 大水害で中国山地のローカル線がピンチ! (2018-08-01 01:47)
 広島出張帰りの新幹線で名物を味わう! (2018-06-02 13:36)
 2015年秋 岡山出張(4) 岡山城に上ってみた! (2016-08-18 01:38)
 2015年秋 岡山出張(3) 旭川に面した碧水園でコーヒーを飲みながら岡山城を眺める! (2016-07-25 07:50)
 2015年秋 岡山出張(1) 路面電車で城下へ! (2016-07-15 08:40)
 鳥取砂丘コナン空港とすなばコーヒーに行ってきた! (2016-04-07 01:33)
Posted by Science_City at 15:43│Comments(0)中国地方
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
プロフィール
Science_City
Science_City
とにかく旅が大好きです。
学生時代は、バイト代を全部旅行費用につぎ込んでいました。
街をてくてくと歩いて、おいしいものを食べられたら幸せです。
オーナーへメッセージ