にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 ランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています!

PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
2015年正月の南紀旅行記の完結編です。
書き始めに想定していたよりかなり長くなり、9回シリーズになってしまいました。

【2015正月 南紀旅行シリーズ】




那智山発のバスには、行きに権現前からのバスで一緒になったおばさんが、また那智の滝前から乗ってきて一緒になりました。
「またお会いしましたね」とにっこり。

那智山から紀伊勝浦駅までは25分で着きました。
  »続きを読む

Posted by Science_City at 07:55Comments(2)関西
(その7からの続きです)

川湯温泉から、水害の爪痕が随所に残る熊野川沿いをバスで走り、新宮市街に入ります。
新宮駅まで乗ってしまうと、那智・勝浦方面のバスに乗り換えようとすると来た道を戻る形になるので、「権現前」バス停で降りました。

【その1~7】




権現前バス停の「権現」とは、熊野三社の1つ「熊野速玉大社」のことです。
時間があれば三社とも巡りたかったのですが、残念ながら時間がないので諦めます。
1人旅だったら1時間早起きして、乗り換えついでにお参りして来るのですが、家族連れだとなかなかそうもいきません。
三社の中では1番交通の便が良いところにあるので、またの機会にとっておきましょう。

今回は、速玉大社の鳥居に向かって拝むだけにしました。
  »続きを読む

Posted by Science_City at 01:12Comments(0)関西
だいぶ長くなってきた南紀旅行シリーズ。
今回含めて、あと3回の予定です。

(その6からの続き)

熊野本宮大社の参拝を終えて、バスで今日の宿泊地「川湯温泉」に向かいました。

【2015年南紀旅行 その1~6】




龍神バスに乗って10分ほどで川湯温泉に着きます。
このままバスに乗っていくと、また紀伊田辺に戻ってしまいますが、ここで降ります。
  »続きを読む

Posted by Science_City at 07:46Comments(0)関西
全4回くらいのつもりだったのですが、だいぶ長くなっています。
もう何回か南紀編が続きます。

【2015年南紀旅行 その1~5】




さて、宿に寄らず直接来てしまったので、家族全員分の荷物が入ったスーツケースをどこかに置いてこなくてはいけません。
ガイドさんらしき人に教えてもらった、本宮大社前近くの「からす屋」さん隣のコインロッカーに荷物を預けて、いよいよ熊野本宮大社に参拝です!
  »続きを読む

Posted by Science_City at 07:23Comments(0)関西
【2015年南紀旅行 その1~その4】


(「その4」からの続きです)
3日目は白浜に別れを告げて、熊野本宮大社に向かいます。
泊まっていた「四季の郷」のお兄さんに「とれとれ市場」のバス停まで送っていただき、そこから路線バスで本宮に向かいます。

写真を撮り忘れましたが、「とれとれ市場」は漁協が経営している観光客向けの市場です。
西日本最大級というだけあって、ものすごく広く、日帰り温泉宿泊施設まであります。
土産物は、ここでほとんど揃ってしまいますね。



快速バス「熊野古道号」は、南紀白浜空港から紀伊田辺駅前、本宮大社前を経由して新宮駅までの路線バスで、観光バスタイプの車両が使われています。
私たちも乗ってきた朝1番の飛行機に接続しているので、東京を朝出て昼には本宮大社に着くことができます。
今回、「とれとれ市場前」のバス停から1本で本宮大社まで行けたので、私たちのためにあるようなバスでした。
  »続きを読む

Posted by Science_City at 07:50Comments(2)関西
(つづき)
円月島近くの「さいかや」で昼食を終えると、風もだいぶ弱まってきたので、景勝地巡りをすることにしました。
近くの「臨海」バス停から終点の「三段壁」まで、またバスに乗ります。

【2015南紀旅行シリーズ その1~3】




バス停を下りて、土産物屋さんが並ぶ通りを少し歩くと、三段壁の展望台に着きます。
海に張り出す断崖絶壁が素晴らしい眺めです。
  »続きを読む

Posted by Science_City at 07:15Comments(0)関西
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
プロフィール
Science_City
Science_City
とにかく旅が大好きです。
学生時代は、バイト代を全部旅行費用につぎ込んでいました。
街をてくてくと歩いて、おいしいものを食べられたら幸せです。
オーナーへメッセージ